News Detail
1.4.2014

SUBARU STI NBR Challenge 2014モデルをシェイクダウン

2014年1月21日、SUBARU STIチームが、2014年ニュルブルグリンク24H耐久レースに参戦するニューマシンのシェイクダウンを富士スピードウェイで行いました。

SUBARU STIチームがチャレンジし続けているニュルブルグリンク24H耐久レース。
2011年と2012年にSP3Tクラスで連続優勝を勝ち取りましたが、昨年はクラス2位と惜しくも優勝を逃してしまいました。そこで今年はチャンピオン奪還を目標に、新型WRXをベースにしたニューマシンを導入。2014年1月21日に富士スピードウェイでシェイクダウンを行いました。

BILSTEINの日本輸入代理店である阿部商会ではSTI NBRマシンにサスペンションを供給し、ニュルでのSUBARU STIチームをサポートします。
新型WRXに装着されるサスペンションは、BILSTEIN Technical Center Japanにて新たに開発された2ウェイ式サスペンションシステムであり、伸び側、縮み側それぞれ独立した10段階での減衰力セッティングが可能です。
シェイクダウンでのパフォーマンスは上々であり、4月と5月に行われるVLN(ニュルブルグリンク長距離選手権)にもマシンテストを兼ねて参戦し、データを蓄積。6月21日に行われる本戦に望むという万全の体制です。チーム総監督の辰巳さんも、「現在のところ新型マシンの仕上がりも上々。クラス優勝を目指してがんばります。」と意気込みを語ってくれました。今年はチャンピオン奪還に期待が持てそうです。

BILSTEIN Japanは長年に渡るSUBARU STIとのパートナーシップを非常に大切な関係であると考えており、6月19日からスタートするニュルブルクリンク24時間耐久レースでのSUBARU STIチームの成功を祈るとともに、今後両社がさらに良い関係に発展することを期待しております。


 



Online Catalogue

車種別商品検索

Choose your car

YouTube channel

Facebook

BILSTEIN 製品保証

BILSTEIN Shop

Official Blog

Videos

TOYOTA 86/SUBARU BRZ

B12 Pro-Kit&B12 Sportline

ニュルブルリンクライブカメラ